· 

ネットワークが繋がらなくなった場合の対処~Windows11~

 

Windows11のパソコンで無線LAN(Wi-Fi)、あるいは有線LANでのインターネット接続が繋がらなくなった場合の確認・対処方法。

 

この解説は、「ネットワーク接続が遮断されてしまった」場合の基本的な確認・対処方法を解説しています。ネットワークの接続復旧に必要な確認事項や対処方法は非常に多岐にわたりますが、ごく初歩的なPC画面上での確認方法のみ解説しています。

 

まずはネットワーク接続の状態を確認しましょう

Windows11のデスクトッ画面右下のネットワーク接続の状態を確認しましょう。

図のように「地球儀」のようなマークになっていたら、無線LAN(Wi-Fi)、有線LANともに接続されていない(インターネット接続が出来ない)状態だということになります。           

Wi-Fi(無線LAN)接続を復旧させたい場合

Wi-Fi接続の管理

 

図のように地球儀のマークをクリックしたあと「Wi-Fi接続の管理」の右側の「>」部分をクリックします。

(扇形のマークの部分をクリックしないようにご注意ください。扇形のマークをクリックすると、Wi-Fi機能そのもののOn、Offの切り替えになってしまいます)                                                                                                            

Wi-Fiの接続SSIDを選択

図のように使用できる電波(SSID)が列挙されていますので、接続するSSIDを選択してクリックします。

選択後、「接続」をクリックします。(自動で接続、と出る場合もあります)

接続完了すると・・・

図のように、目的のSSIDのところが「接続済み」となり、

また元々地球儀のマークだった部分が扇型のマークに変わります。

有線LAN接続を復旧させたい場合

まず、何はなくとも物理的にLANケーブルが接続されているか?(外れてしまっていないか?)を確認してください。LANケーブルがPC本体と、もう片方がネットワークルーターやスイッチなどの機器にきちんと接続されているのに、なお上記の「地球儀」のようなマークになっている場合は、以下の手順で有線LAN接続の復旧を試みてください。

 

コントロールパネル→ネットワーク共有センター

コントロールパネル→ネットワークと共有センターをクリックします。

(図のようにアイコンが沢山並ぶ画面になっていない場合は、この画面右上の「表示方法」の部分を「大きいアイコン」に変更してください)

アダプターの設定変更

画面左の「アダプターの設定変更」をクリックします。

 

イーサネット(無効)をダブルクリック

 

図のように「イーサネット(無効)」をダブルクリックします。

(「イーサネット(無効)」という名前の項目ではない場合もあります。何らか有線LANを意味するアイコンで、グレーアウトしている項目がアレば多分それがコレに当たります)

イーサネットの有効化

 

ダブルクリックすると、図のように「イーサネット 有効(あるいは

有効にしています)」という表示が現れ、数秒~数十秒で有線LANアダプタが復旧(接続が復旧)します。

復旧後は

 

図のように、先程までグレーアウトしていた項目がカラーの状態に

なり、有効化されたことが示されます。

有線LANの有効化状態

 

無線LANの時と異なり、有線LANが有効化されると、デスクトップ

右下のアイコンが図のようなマークに変わります。

 

アダプタを有効化してもインターネットに繋がらない場合

 

上記無線LANあるいは有線LANのアダプタを有効化してもインターネットに繋がらない場合は、ネットワークアダプタ以外の部分に原因がある場合が多いです。

 

Wi-Fiルーターあるいはネットワークルーターの切断やエラー、故障など

PCのブラウザ設定やネットワーク設定(アダプタ設定ではなく、IPアドレス設定など)

など、など。

 

これらの原因については、別途個別に一つ一つ当たって確認していく必要があります(このページではこの解説は省きます)。